おちゃっぴいの語源・由来

江戸時代の遊郭で、客に出すお茶を挽く仕事を暇な遊女にさせていたことから、暇な遊女を「お茶挽き(おちゃひき)」といい、その「お茶挽き」の変化した言葉が「おちゃっぴい」である。
客もつかず、お茶ばかり挽いているような遊女たちは、おしゃべりでしとやかさに欠けている者が多かったことから、「おしゃべりで活発な女の子」を意味するようになり、同時に遊女以外の女の子に対しても使われるようになった。
昭和後期あたりから、長音を表す「ー」を用いた「おちゃっぴー」や、「ぃ」を用い「おちゃっぴぃ」と表記される例も見られるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. しおりの語源・由来

  2. 自然の意味・類語・言い換え

  3. 「魂」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  4. カワヤナギの意味・別名・類語

  5. 美人局の語源・由来

  6. 無駄の語源・由来

  7. 勘定の意味・類語・言い換え

  8. 「紙」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  9. 幸運月の意味・類語・言い換え

  10. ダックスフントの語源・由来

  1. 浮気の意味・類語・言い換え

  2. 日高市の語源・由来

  3. ハレンチの語源・由来

  4. 薩摩守の意味・類語・言い換え

  5. 立春の意味・類語・言い換え

  6. 八百屋の意味・類語・言い換え

  7. 寂しいの意味

  8. かったるいの語源・由来

  9. うざったいの意味・類語・言い換え

  10. 青田刈りの語源・由来

人気記事

  1. どんでん返しの語源・由来

  2. ビールの栄養基礎知識

  3. 鳥の語源・由来

  4. 「サラリーマン」と「ビジネスマン」の違い

  5. 高山市の語源・由来

  6. 「始末書」と「顛末書」の違い

  7. 「共同」「協同」「協働」の違い

TOP