くだらないの語源・由来

くだらないは、動詞「下る」に打ち消しの助動詞「ぬ」がついて「くだらぬ」、「ない」がついて「くだらない」となった。
「下る」には通じるといった意味を示す場合があり、それを「ない」で否定して、「意味がない」「筋が通らない」などの意味となり、取るに足りないの意味に転じたという。

他には、上方から関東に送られる物を「下りもの」と言い、その中でも清酒は灘や伏見が本場であるため、「下り酒」と呼ばれていた。
反対に関東の酒は味が落ちるため「下らぬ酒」と言われ、まずい酒の代名詞となり、転じて現在の意味となったとする説もあるが、「下りもの」と呼ばれる以前から「くだらぬ」は使われていたため、この説は考え難い。
また、日本に農作を伝えたのは現在の朝鮮にあたる百済の人々で、百済の人々を頭の良い人としていたため、頭が悪く話の通らない人を「百済ではない人」と呼び、略され「くだらない」となったとする説もある。
一般的に昔の否定は「ぬ」であり、名詞を「ぬ」で否定することは考えられないことと、「くだらぬ」という言葉が使われ始める遥か前から、「くだらない」が使われていたことになるため、この説も考え難い。

さらに他の説では、仏教に「ダラ」という九つの教えが有り、その教えが一つもない行為を「クダラが無い行動」と言ったことから、「くだらない」に転じたとする説もある。
先の百済の説と同じで、「くだらぬ」から「くだらない」に転じていなければならず、名詞を「ぬ」で否定することも考えられない。
また、仏教用語に「ダラ」を含む言葉は多いが、「ダラ」という教えについては不明で、九つの「ダラ」で「クダラ」というのは、質の低い駄洒落としか言いようがない。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. 私の語源・由来

  2. おざなりとなおざりの違い・使い分け

  3. 花の語源・由来

  4. 雪の語源・由来

  5. 斟酌の語源・由来

  6. 幼稚園の意味・類語・言い換え

  7. ズボンの意味・類語・言い換え

  8. ネクタリンの栄養基礎知識

  9. 堪能の意味・類語・言い換え

  10. ビュッフェの意味・類語・言い換え

  1. ふんだんの意味・類語・言い換え

  2. 干し柿の栄養基礎知識

  3. 砂丘と砂漠の違い

  4. 二年参りの意味・類語・言い換え

  5. 海老鯛の意味・類語・言い換え

  6. つみれの語源・由来

  7. 帰るの意味・類語・言い換え

  8. 不倫の語源・由来

  9. 例月の意味・類語・言い換え

  10. 晩夏の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 自然と天然の違い

  2. 制作と製作と作成と作製と製造の違い・使い分け

  3. 返ると帰ると還るの違い・使い分け

  4. 春の七草と秋の七草の違い

  5. 在宅ワークと内職の違い

  6. 下駄と草履と雪駄とわらじの違い

  7. ニシンの卵を「数の子」と呼ぶ理由

TOP