未曾有の語源・由来

未曾有は、「奇跡」を意味するサンスクリット語「adbhuta」が漢訳された仏教用語。
元々は、仏の功徳の尊さや、神秘なことを賛嘆した言葉として用いられた。
日本では、未曾有が「未だ曾て有らず(いまだかつてあらず)」と訓読され、本来の意味で使われていた。
しかし、鎌倉末期には原義が転じ、善悪の両方の意味で用いられるようになった。
現代では「未曾有の災害」や「未曾有の事件」というように、悪い意味で用いられることの方が多く、良い意味で使われることが稀となっている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「ひねる」「ねじる」「よじる」の違い

  2. 母の日の語源・由来

  3. キャッサバでん粉の栄養基礎知識

  4. クールビズの語源・由来

  5. 鼓舞の意味・類語・言い換え

  6. 虎の巻の意味・類語・言い換え

  7. 一世風靡の語源・由来

  8. 五輪(オリンピック)の意味・別名・類語

  9. 火の車の語源・由来

  10. ヒイラギの語源・由来

  1. オリーブの語源・由来

  2. 世界の語源・由来

  3. フェンネルの意味・別名・類語

  4. リベラリズムの意味・類語・言い換え

  5. アキレス腱の意味・別名・類語

  6. 「分かれる」と「別れる」の違い

  7. ミントの種類

  8. 「干支」と「十二支」の違い

  9. 絶倫の意味・類語・言い換え

  10. 約束の語源・由来

人気記事

  1. 得体の語源・由来

  2. 「大笑い」「爆笑」「哄笑」「バカ笑い」「高笑い」の違い

  3. 「定規」と「ものさし」の違い

  4. 驕る(驕り)の語源・由来

  5. 滅相もないの語源・由来

  6. 「顧みる」と「省みる」の違い

  7. 「牛乳」「加工乳」「乳飲料」の違い

TOP