摩訶不思議の語源・由来

摩訶不思議の「摩訶」は、「摩訶般若波羅蜜多心経」や「摩訶曼陀羅華」「摩訶曼珠沙華」など、仏教用語に多く用いられている「摩訶」である。
「摩訶」は、「偉大な」を意味するサンスクリット語「maha」の音写で、「大」「多」「勝」とも漢訳され、「大いなる」「非常の」「優れている」といった意味にも用いられる。
摩訶不思議は、「非常に不思議」という意味よりも、本来は「人知を超えた素晴らしさ」を意味する言葉であった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. てこずるの意味・類語・言い換え

  2. 鳥取県の語源・由来

  3. 木材の意味・類語・言い換え

  4. ところてんの語源・由来

  5. カボスの語源・由来

  6. もんじゃ焼きの語源・由来

  7. 土用の丑の日の意味・類語・言い換え

  8. 賽銭の語源・由来

  9. エテ公の意味・類語・言い換え

  10. 「夜更け」「未明」「夜中」「真夜中」「深夜」「夜半」の違い

  1. キリンの意味・別名・類語

  2. イタチの語源・由来

  3. 「署名」「記名」「サイン」の違い

  4. 大分市の意味・シンボル

  5. 差出がましいの意味・類語・言い換え

  6. 泥棒の意味・類語・言い換え

  7. 人見知りの意味・類語・言い換え

  8. 辛抱の語源・由来

  9. ブルーチーズの種類

  10. 天網恢恢疎にして漏らさずの意味

人気記事

  1. ワスレナグサの語源・由来

  2. 腰の語源・由来

  3. ショップの語源・由来

  4. まつげの語源・由来

  5. ムームーの語源・由来

  6. 霜の語源・由来

  7. 寅(寅年)の語源・由来

TOP