好色の語源・由来

漢語で「好色」は、美しく好ましい色と、そのような色を好むことを意味する。
ここでの「色」とは、外見のことを指す。
日本では異性間の交情を好むことを表す言葉として「好色」が用いられ、和語の「色好み」と同様の意味を持つ漢語して扱われた。
平安時代には、男女が好んで情を通わせることを美質と考えられていたため、「好色」は良い意味で用いられたが、次第に異性関係を淫らなことと考えられるようになり、「好色」の語も批判的な意味を含む言葉として使われるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 静岡県の市区町名一覧

  2. 堺市の意味・シンボル

  3. 文明の語源・由来

  4. 親の語源・由来

  5. 惑星の語源・由来

  6. 秋分の意味・類語・言い換え

  7. 四股の語源・由来

  8. ネオンの語源・由来

  9. チョコレートの意味・別名・類語

  10. 抹茶の栄養基礎知識

  1. リスの意味・別名・類語

  2. ヘビイチゴの語源・由来

  3. ツツジの語源・由来

  4. ハットトリックの意味・類語・関連語

  5. ハリケーンの意味・類語・言い換え

  6. 猫の意味・別名・類語

  7. 一攫万金の意味・類語・言い換え

  8. 椅子の語源・由来

  9. 親月の意味・異名・類語

  10. おはぎの語源・由来

人気記事

  1. 朝っぱらの語源・由来

  2. 「ピーナッツ」「落花生」「南京豆」の違い

  3. 「使用」と「利用」の違い

  4. ひょうきんの語源・由来

  5. 「ネックレス」「ペンダント」「チョーカー」の違い

  6. 番茶の栄養基礎知識

  7. しつこいの語源・由来

TOP