好色の語源・由来

漢語で「好色」は、美しく好ましい色と、そのような色を好むことを意味する。
ここでの「色」とは、外見のことを指す。
日本では異性間の交情を好むことを表す言葉として「好色」が用いられ、和語の「色好み」と同様の意味を持つ漢語して扱われた。
平安時代には、男女が好んで情を通わせることを美質と考えられていたため、「好色」は良い意味で用いられたが、次第に異性関係を淫らなことと考えられるようになり、「好色」の語も批判的な意味を含む言葉として使われるようになった。

出典:語源由来辞典

TOP