夏の語源・由来

夏の語源には、朝鮮語の「nierym(夏)」、満州語の「niyengniyeri(春)」など、アルタイ諸島で「若い」「新鮮な」の原義の語と同源などの外来語説。
「暑(あつ)」が転じたとする説。
「生(なる)」が転じたとする説。
「熱(ねつ)」が転じたなど諸説あるが未詳。

出典:夏 – 語源由来辞典

TOP