猪豚肉の栄養基礎知識

猪豚肉の特徴、栄養・効能、加工品、仲間など、知っておきたい猪豚肉の基礎知識。

猪豚肉の特徴

猪豚は、イノシシと豚の交雑種で、日本特産として静岡・京都・兵庫・三重・和歌山などで飼育されています。
猪豚の肉は、イノシシの風味と肉量の多い豚の両方の特性を併せ持ち、イノシシ特有の臭みはなく、豚肉より肉の甘味とうま味が強く出ています。
肉質は締まっていて、イノシシよりもやわらかいです。
猪豚肉は猪肉の代用として、ぼたん鍋(味噌味の鍋)や味噌焼きにするほか、ステーキやしゃぶしゃぶなどにも使います。

猪豚肉の栄養・効能

猪豚の肉は猪肉に比べ、タンパク質がやや少なく、脂質が多く含まれています。
ビタミンA・B1・Dは猪肉よりも豊富で、特に、ビタミンAとDは豚肉よりも多いです。

猪豚肉の加工品

ハム、ウインナー、ジャーキーなど。

猪豚肉の仲間

猪肉、豚肉。

出典:食品食材栄養事典

TOP