亜麻仁の栄養基礎知識

亜麻仁の特徴、栄養・効能、保存方法、旬の時期、加工品など、知っておきたい亜麻仁の基礎知識。

亜麻仁の特徴

亜麻仁とはアマ科の亜麻という植物の種子です(仁は種子の意)。
種子から絞った油が「亜麻仁油」として用いられることで知られますが、油だけでなく、パンやマフィンのトッピング、シリアルなどに加えて利用することもできます。
亜麻仁は美容と健康によいスーパーシードとして欧米で話題になり、日本でも注目されるようになりました。

亜麻仁の栄養・効能

亜麻仁の主成分は脂質で、脂質にはオメガ3脂肪酸のα-リノレン酸が多く含まれています。
脂質に次いで、タンパク質、食物繊維が豊富です。
抗酸化作用やエストロゲン(女性ホルモン)様作用のあるリグナン(アマニリグナン)も豊富で、植物の中で最も含有量が多いです。
ミネラルでは、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などが多く含まれます。
亜麻仁は硬い殻に覆われており、よく噛まずに食べると消化されずに排出されてしまうので、亜麻仁の栄養効果を最大限に得るためには、ごまのように種を擂って摂取しましょう。コーヒーミルやスパイスミルで挽いてもよいです。
挽いた種子は酸化しやすくなるため、作り置きせず、使用の都度挽くようにしましょう。

亜麻仁の保存方法

亜麻仁は高温多湿を避け、密封容器に入れて保存します。

亜麻仁の旬の時期

乾燥した種子は通年流通しています。

亜麻仁の加工品

亜麻仁油。

出典:食品食材栄養事典

TOP