想像と空想と夢想と妄想と幻想の違い・使い分け


空想も夢想も妄想も幻想も、すべて想像の一種だが、これらには次のような違いがある。

想像とは、実際に体験したり、見たりしていない事柄を思い描くこと。
「想像通りの結果となった」というように、その内容が、現実的に起こり得ることや、存在し得ることに使う場合が多く、空想・夢想・妄想・幻想のように、非現実的な事柄には使われにくい。

空想と夢想は、どちらも現実からかけ離れた事柄や場面を思い描くことをいうが、空想は自ら意識的に思い描く場合に用い、夢想は夢のように当てもない内容で、将来の夢や希望といった憧れを含む場合に用いる。
古くは、夢の中に神仏が現れ、お告げをすることを「夢想」といった。

妄想とは、根拠もなくあれこれと想像すること。
空想や夢想も非現実的な想像であるが、妄想は不道徳・不健全な欲求で想像することや、「誇大妄想」や「被害妄想」など、根拠のない想像であるにもかかわらず、事実であるかのように確信してしまうことにいう。
後者の事実と確信してしまう妄想は、精神疾患や薬物中毒などによって生じるもので、空想や夢想の想像とは大きく異なる。

幻想とは、現実にないことをあるかのように思い浮かべること。
無意識的に思い浮かべ、現実との区別がつかなくなる点では妄想と似ているが、「幻想を抱く」「女性に対する幻想」というように、幻想は「期待」の意味を含んで使われる。

今見られている記事 ランダム
  1. ロースの語源・由来

  2. 固唾を呑むの語源・由来

  3. カタツムリの語源・由来

  4. マフラーの語源・由来

  5. 忖度と斟酌の違い・使い分け

  6. 重症と重傷の違い・使い分け

  7. 富山県の語源・由来

  8. エリンギの栄養基礎知識

  9. バリカンの語源・由来

  10. 一大事の語源・由来

  1. 仙台市の意味・別名・シンボル

  2. 責任転嫁の語源・由来

  3. 提灯の語源・由来

  4. ぞっこんの語源・由来

  5. 帰るの意味・類語・言い換え

  6. サイプレスの語源・由来

  7. 満を持すの語源・由来

  8. 儲けるの意味・類語・言い換え

  9. おじやの語源・由来

  10. なすびの意味・別名・類語

人気記事

  1. タイツとストッキングの違い

  2. 簾(すだれ)と葦簀(よしず)の違い

  3. 共同と協同と協働の違い・使い分け

  4. 皮と革と皮革の違い

  5. マンションとアパートの違い

  6. 目と眼の違い・使い分け

  7. オペラとオペレッタとミュージカルの違い

TOP