経験と体験の違い・使い分け


経験も体験も、実際に見聞きしたり、やったりするなど、何事かに直接ぶつかることをいう。

経験は体験に比べて使われる範囲が広く、「人生経験」や「経験を生かす」というように、行為によって得た知識や技能なども指す。
体験は「戦争体験」や「心霊体験」というように、自分が身をもって感じるところに重点があり、行為の内容よりも印象的な事柄について用いることが多い。

また、経験はそれによって得られた知識や技能も指すのに対し、体験は身をもって感じるところに重点があるように、経験によって物事の本質を見極めることが可能だが、体験では物事の本質を見極めることはできない。
そのため、「体験入学」や「疑似体験」とは言っても、「経験入学」や「疑似経験」とは言わない。


今見られている記事 ランダム
  1. 鍋の意味・類語・言い換え

  2. ドキドキとワクワクとハラハラの違い・使い分け

  3. ビュッフェとバイキングの違い

  4. 乾坤一擲の意味・類語・言い換え

  5. 同級生と同期生と同窓生の違い

  6. 寒心の意味・類語・言い換え

  7. 野菜と果物の違い

  8. 会話と談話と対話の違い

  9. 紹興酒と老酒(ラオチュウ)の違い

  10. 足と脚と肢の違い・使い分け

  1. 狼藉の語源・由来

  2. ビリオネアの意味・類語・言い換え

  3. 目とまなこと瞳の違い・使い分け

  4. 平和と和平の違い

  5. わびとさびの違い

  6. 水族館のサメが他の魚を食べない理由

  7. 日本の意味・別名・類語

  8. 一富士二鷹三茄子の意味・類語・言い換え

  9. 土偶の意味

  10. スパゲッティの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 足りないと足らないの違い

  2. 陶器と磁器の違い・見分け方

  3. セロハンテープとセロテープの違い

  4. 可愛いと可愛らしいの違い・使い分け

  5. 作ると造ると創るの違い・使い分け

  6. 絞ると搾るの違い・使い分け

  7. ペンギンが空を飛べない理由

TOP