指示と指図と指導の違い


指示と指図は、物事のやり方、仕事の段取りなどを言いつけ、人を動かすことで、意味としては同じだが、ニュアンスに違いがある。

指示は「上司の指示を仰ぐ」「的確な指示を与える」など、物事のやり方を指し示すといった事務的な事柄に関して使われる。
一方の指図は、命令的な印象があり、反発を伴う言葉で、「お前に指図されたくない」とは言っても、「的確な指図をしてください」とは言わない。
また、指図は目の前であれこれやらせるというニュアンスが強く、「一週間前に出された指図」というようなことはない。

指導は、ある目的や方向に向かって教え導くことで、指示や指図のように、言いつけてやらせるものではない。
また、上司が部下に「今日中にこの仕事をしなさい」と出すのは指示で、今日中に終わらせることができて当然の内容である。
これが、部下の力量を考えて、今日中に終わらせられそうもない内容であった場合、どうすれば効率よくできるか教え導く必要があり、それが指導となる。
つまり、できることが前提としてあるのが指示や指図、できないことが前提としてあるのが指導である。

今見られている記事 ランダム
  1. アスパラガスの栄養基礎知識

  2. 暑いと熱いの違い・使い分け

  3. お屠蘇の語源・由来

  4. カンニングの語源・由来

  5. お節介の語源・由来

  6. さつまいもの語源・由来

  7. マラソンの語源・由来

  8. コンロの種類

  9. 買って出るの語源・由来

  10. 仕事の語源・由来

  1. まなこの語源・由来

  2. やきとりと焼き鳥の違い

  3. 静岡市の語源・由来

  4. 黒蜜の栄養基礎知識

  5. 霹靂の意味

  6. ニリンソウの語源・由来

  7. あんぽんたんの意味・類語・言い換え

  8. 段取りの意味・類語・言い換え

  9. 規模の語源・由来

  10. 鍾乳洞の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. クレヨンとクレパスの違い

  2. 忖度と斟酌の違い・使い分け

  3. 明くと開くと空くの違い・使い分け

  4. ペンギンが空を飛べない理由

  5. 木材と材木の違い・使い分け

  6. 寂しいと淋しいの違い・使い分け

  7. 第1回冬季オリンピック大会の正式名称は長くてややこしい

TOP