羽と羽根の違い・使い分け


鳥類学では「羽」と「羽根」を使い分けておらず、全て「羽」と表記するが、一般には「羽」と「羽根」の表記は使い分けされている。

「羽」と書くのは、鳥の全身を覆う軽い毛、鳥や昆虫が飛ぶための器官(昆虫の場合は「翅」とも書く)、翼状のもの。
「羽根」と書くのは、鳥や昆虫の体から抜けた羽や、羽を加工したもの、またそれに模したものである。

「はねを伸ばす」や「はねを休める」は、鳥の翼にたとえた言葉なので、「羽を伸ばす」「羽を休める」と書く。
共同募金の「赤いはね」は、1本になっているので「赤い羽根共同募金」。
バドミントンや羽子板の「はね」も「羽根」である。

飛行機の「はね」は翼状になっているため「羽」と書くが、ヘリコプターのプロペラや扇風機の「はね」は翼状でないため「羽根」。
トンボの「はね」は「羽(翅)」だが、竹トンボの「はね」は「羽根」と書く。

掛け布団の「はね」は、バラバラになった羽が加工されたものなので、普通は「羽根」と表記するが、鳥の全身に生えている毛のような役割をするものという観点から、「羽」と書かれることもある。


今見られている記事 ランダム
  1. 晩餐会の意味・類語・言い換え

  2. 医院の意味・類語・言い換え

  3. ミリオネアの意味・類語・言い換え

  4. 許可と認可の違い・使い分け

  5. ブロッコリーの意味・別名・類語

  6. 年号の意味・類語・言い換え

  7. レギュラーガソリンとハイオクの違い

  8. ビリオネアの意味・類語・言い換え

  9. 埴輪の語源・由来

  10. タメ口の語源・由来

  1. 感慨の意味・類語・言い換え

  2. 木と草の違い・区別の仕方

  3. うなぎや穴子の刺身が滅多に食べられない理由

  4. ワシントンD.C.とワシントン州の違い

  5. 会敵の意味・類語・言い換え

  6. イノセンスの意味・類語・言い換え

  7. 夏の語源・由来

  8. 歳と才の違い

  9. 魚の目の意味

  10. むっくりの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 残ると余るの違い・使い分け

  2. 皮と革と皮革の違い

  3. 羽と羽根の違い・使い分け

  4. 樽と桶の違い

  5. 目(瞳)の色が違うと色の見え方も違うのか

  6. ツナとシーチキンの違い

  7. 会社員と社員と従業員と職員の違い・使い分け

TOP