拝啓と謹啓と前略の違い・使い分け


手紙を書く際、冒頭の挨拶として「拝啓」「謹啓」「前略」などの頭語を用い、頭語に対応した「敬具」「敬白」「草々」などの結語を用いて締めの言葉とする。

最も一般的な頭語は「拝啓」で、「つつしんで申し上げます」という意味。
「拝啓」に対応する結語は、「敬具」である。
その他、一般的の手紙に用いる頭語には「拝呈」「啓上」「啓白」、結語には「拝具」「敬白」がある。

「謹啓」も「つつしんで申し上げます」の意味であるが、「拝啓」よりも敬意が高く、目上の人に送る丁寧な手紙、改まった手紙に用いる。
「謹啓」に対応する結語は、「謹言」「謹白」「敬白」である。
その他、丁寧な手紙に用いる頭語には「謹呈」「粛啓」「謹白」、結語には「粛言」「頓首」がある。

「前略」は「拝啓」や「謹啓」と使い方が異なり、前文を省略する場合に用いる頭語である。
そのため、目上の人に送る際に「前略」使うのは失礼にあたる。
また、「前略」と書いた後に、時候の挨拶などの前文が続くのは不自然である。
「前略」に対応する結語は「草々(早々・匆々)」で、十分に意を尽くしていないことを表す。
その他、前文を省略した手紙に用いる頭語には「冠省」「略啓」、結語には「不一」「不二」「不備」「不尽」がある。

「拝啓」「謹啓」「前略」などの他に、返信や緊急、再信の手紙に使う頭語もある。
一般的な返信では、頭語に「拝復」「復啓」「敬復」、結語に「敬具」「拝答」「敬答」。
丁寧な返信では、頭語に「謹復」、結語に「謹言」 「謹答」。
急ぎの手紙では、頭語に「急啓」「急呈」「急白」、結語に「草々(早々・匆々)」「不一」「不尽」「敬具」。
相手の返事が届かないうちに出す再信の手紙では、頭語に「再啓」「再呈」「追啓」、結語に「敬具」「拝具」「再拝」などを用いる。

また、女性が用いる結語には、「かしこ」「あらあらかしこ」「めでたくかしこ」「あなかしこ」などがある。

今見られている記事 ランダム
  1. 昴の語源・由来

  2. 目安の語源・由来

  3. 和服と着物と呉服と反物の違い

  4. 朝三暮四の語源・由来

  5. トリカブトの語源・由来

  6. 病院と医院とクリニックと診療所の違い

  7. 赤身魚と白身魚と青魚の違い

  8. 桑の種類

  9. オムレツの種類

  10. 乞食の語源・由来

  1. あんころ餅の意味・類語・言い換え

  2. はしたないの意味・類語・言い換え

  3. ケールの栄養基礎知識

  4. デッサンの意味・類語・言い換え

  5. 癪に障るの意味・類語・言い換え

  6. 蝶(チョウ)と蛾(ガ)の違い

  7. ナンプラーの栄養基礎知識

  8. スーパーマーケットの意味・別名・類語

  9. 代金の意味・類語・言い換え

  10. かかしの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 慎む(慎んで)と謹む(謹んで)の違い・使い分け

  2. 山と丘の違い

  3. 抗菌と除菌と殺菌と滅菌と消毒の違い

  4. 精算と清算の違い・使い分け

  5. 言い訳と申し訳と弁解と弁明と釈明の違い

  6. マフラーとストールとショールとスカーフの違い

  7. ウールとカシミヤ(カシミア)の違い

TOP