「拝啓」「謹啓」「前略」の違い

手紙を書く際、冒頭の挨拶として「拝啓」「謹啓」「前略」などの頭語を用い、頭語に対応した「敬具」「敬白」「草々」などの結語を用いて締めの言葉とする。

最も一般的な頭語は「拝啓」で、「つつしんで申し上げます」という意味。
「拝啓」に対応する結語は、「敬具」である。
その他、一般的の手紙に用いる頭語には「拝呈」「啓上」「啓白」、結語には「拝具」「敬白」がある。

「謹啓」も「つつしんで申し上げます」の意味であるが、「拝啓」よりも敬意が高く、目上の人に送る丁寧な手紙、改まった手紙に用いる。
「謹啓」に対応する結語は、「謹言」「謹白」「敬白」である。
その他、丁寧な手紙に用いる頭語には「謹呈」「粛啓」「謹白」、結語には「粛言」「頓首」がある。

「前略」は「拝啓」や「謹啓」と使い方が異なり、前文を省略する場合に用いる頭語である。
そのため、目上の人に送る際に「前略」使うのは失礼にあたる。
また、「前略」と書いた後に、時候の挨拶などの前文が続くのは不自然である。
「前略」に対応する結語は「草々(早々・匆々)」で、十分に意を尽くしていないことを表す。
その他、前文を省略した手紙に用いる頭語には「冠省」「略啓」、結語には「不一」「不二」「不備」「不尽」がある。

「拝啓」「謹啓」「前略」などの他に、返信や緊急、再信の手紙に使う頭語もある。
一般的な返信では、頭語に「拝復」「復啓」「敬復」、結語に「敬具」「拝答」「敬答」。
丁寧な返信では、頭語に「謹復」、結語に「謹言」 「謹答」。
急ぎの手紙では、頭語に「急啓」「急呈」「急白」、結語に「草々(早々・匆々)」「不一」「不尽」「敬具」。
相手の返事が届かないうちに出す再信の手紙では、頭語に「再啓」「再呈」「追啓」、結語に「敬具」「拝具」「再拝」などを用いる。

また、女性が用いる結語には、「かしこ」「あらあらかしこ」「めでたくかしこ」「あなかしこ」などがある。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. 「臭い」「匂い」「香り」の違い

  2. エモいの語源・由来

  3. 「ランク」「レベル」「グレード」「クラス」の違い

  4. 鶏の年間産卵数と卵を産む周期

  5. 韋駄天の意味・類語・言い換え

  6. 三社参りの意味・類語・言い換え

  7. ショップの語源・由来

  8. ドタキャンの語源・由来

  9. 新潟県の市区町村名一覧

  10. ヘリコプターの語源・由来

  1. 口裏を合わせるの語源・由来

  2. 「マナー」と「エチケット」の違い

  3. ノウゼンカズラの意味・別名・類語

  4. 虹の意味・別名・類語

  5. 「サラリーマン」と「ビジネスマン」の違い

  6. 福島県の市町村名一覧

  7. 面倒の語源・由来

  8. 篝火花の意味・別名・類語

  9. 「以下」と「未満」の違い

  10. 情けないの語源・由来

人気記事

  1. 「取締役」と「役員」と「執行役員」の違い

  2. 「定価」「希望小売価格」「オープン価格」の違い

  3. 「積極的」「自発的」「能動的」の違い

  4. 扇の語源・由来

  5. ユリカモメの語源・由来

  6. ヒバリの語源・由来

  7. ぼたもちの語源・由来

TOP