「絞る」と「搾る」の使い分け

「絞る」と「搾る」は「しぼる」という動詞に対応する漢字ですが、その使い方には明確な違いがあります。

「絞る」は主に物理的な力を使って何かをねじったり圧縮したりして、中身を取り出す行為を指します。この用法は、たとえば布やタオルから水分を絞り出す場合などに使われます。例えば、「ぞうきんを絞る」「タオルを絞る」といった表現があります。

一方、「搾る」は、圧力や力を加えて液体を抽出する行為に用いられます。この用法は、レモンから果汁を搾る、牛から乳を搾るなどの場面で使われます。また、比喩的に、無理やり何かを取り立てる際にも使用されることがあります。たとえば、「税金を搾り取る」といった表現です。

「絞る」はその他にも、抽象的な意味で「知恵を絞る」「声を絞り出す」のように、努力して何かを引き出す場合にも使われます。また、「人数を絞る」「的を絞る」といった表現では、範囲や選択肢を限定する意味で使用されます。光や音の量を調節する場合も「絞る」が使われます。

このように、「絞る」と「搾る」は、使用する文脈や意図によって使い分けることが重要です。物理的な力を使って何かを圧縮する際には「絞る」を、液体を抽出する際には「搾る」を使うと適切です。また、抽象的な意味で使う場合にも「絞る」が適しています。

参考:「絞る」と「搾る」の違いとは

TOP
テキストのコピーはできません。