仏の顔も三度の意味・類語・言い換え

仏の顔も三度の読み・別表記

ほとけのかおもさんど

仏の顔も三度の意味

やさしく穏やかな人でも、無法なことを繰り返されれば怒り出すことのたとえ。

故事ことわざ辞典「仏の顔も三度」の類語

仏の顔も三度撫ずれば腹立つ/仏の顔も三度ながむれば腹が立つ/仏の顔も三度まで/仏の顔も二度三度/仏の顔も日に三度/地蔵の顔も三度/地蔵の面も三度/馬鹿の面も三度/無理は三度/堪忍袋の緒が切れる兎も七日なぶれば噛み付く/薬缶を脱ぐ

出典:仏の顔も三度 – 故事ことわざ辞典

こちらもオススメ

TOP