桃栗三年柿八年の意味・類語・言い換え

桃栗三年柿八年の読み・別表記

ももくりさんねんかきはちねん

桃栗三年柿八年の意味

芽が出て実がなるまでに、桃と栗は三年、柿は八年かかるということ。また、何事も成し遂げるまでには相応の年月が必要だというたとえ。

故事ことわざ辞典「桃栗三年柿八年」の類義語

桃栗三年柿八年柚子の大馬鹿十八年/桃栗三年柿八年梅は酸いとて十三年/桃栗三年柿八年柚子は九年の花盛り/桃栗三年柿八年柚子は九年でなりかかる/桃栗三年柿八年枇杷は九年でなりかねる

出典:桃栗三年柿八年 – 故事ことわざ辞典

TOP