ホオズキの意味・別名・類語

ホオズキの読み・別表記

ほおずき/鬼灯/酸漿

ホオズキの意味

ナス科の多年草。夏に黄白色の花が咲く。その後、萼(がく)が大きくなって橙赤色に熟す。根は漢方で鎮咳薬や利尿薬とされる。《季 秋》

ホオズキの別名・類語

カガチ/アカカガチ/ヌカズキ/サンショウ

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ホオズキの語源・由来

  2. 和歌山市の意味・シンボル

  3. 松戸市の意味・シンボル

  4. 「同居」「同棲」「内縁」の違い

  5. 七夕の意味・別名・類語

  6. 山彦の語源・由来

  7. ペンギンの種類

  8. 女郎花月の語源・由来

  9. まなこの意味・類語・言い換え

  10. 緑寿の語源・由来

  1. 箱入り娘の語源・由来

  2. 感慨の意味・類語・言い換え

  3. リンドウの種類

  4. 狂言の語源・由来

  5. デブの語源・由来

  6. あぶく銭の語源・由来

  7. 桜肉の意味・別名・類語

  8. 八丁味噌の語源・由来

  9. ドクエの語源・由来

  10. モクレンの語源・由来

人気記事

  1. 大黒柱の語源・由来

  2. ブログの語源・由来

  3. 怖いの語源・由来

  4. 八街市の語源・由来

  5. 「WHISKY」と「WHISKEY」の違い

  6. 須崎市の語源・由来

  7. ニートの語源・由来

TOP