百八の鐘(ひゃくはちのかね)の意味・類語…

百八の鐘のイメージ画像

【百八の鐘の意味】
寺院で朝夕108回、または略して18回、鐘をつくこと。特に、大晦日の除夜の鐘をさす。108の煩悩を覚まし除くためとも、1年の十二ヶ月・二十四節気・七十二候を合わせた数ともいう。《季 冬》

【百八の鐘の類語】
除夜の鐘

【百八の鐘の同音異義語】

【百八の鐘の関連項目】
・百八
・梵鐘

意味・類語ランキング

ページ上部へ戻る