タグ:宗教

  • 雷の画像

    雷(かみなり)

    【雷の意味】 ① 雲と雲の間、あるいは雲と地表の間に生じる放電現象。また、これに伴う音。《季 夏》 ② 雲の上にいて雷を起こす神。鬼のような姿をし、虎の皮のふんどしをしめ、背負った太鼓を打ち鳴らし、人間のへそを好むと…
  • あまのじゃこの画像

    あまのじゃこ(天邪鬼/天の邪鬼)

    【あまのじゃこの意味】 ⇒ あまのじゃく(天邪鬼/天の邪鬼)。 【あまのじゃこの類語】 あまのじゃく/あまのざこ/あまんじゃく/天探女/鬼/ひねくれ者/つむじ曲がり/へそ曲がり/鼻曲がり/偏屈者/曲者/曲人 …
  • あまのざこの画像

    あまのざこ(天邪鬼/天の邪鬼)

    【あまのざこの意味】 ⇒ あまのじゃく(天邪鬼/天の邪鬼)。 【あまのざこの類語】 あまのじゃく/あまのじゃこ/あまんじゃく/天探女/鬼/ひねくれ者/つむじ曲がり/へそ曲がり/鼻曲がり/偏屈者/曲者/曲人 …
  • あまんじゃくの画像

    あまんじゃく(天ん邪鬼)

    【あまんじゃくの意味】 「あまのじゃく」の転訛。 【あまんじゃくの類語】 あまのじゃく/あまのざこ/あまのじゃこ/天探女/鬼/ひねくれ者/つむじ曲がり/へそ曲がり/鼻曲がり/偏屈者/曲者/曲人 【あまんじ…
  • 天邪鬼の画像

    天邪鬼/天の邪鬼(あまのじゃく)

    【天邪鬼の意味】 ① わざと人に逆らって言動する人。 ② 昔話に出てくる悪い鬼。 ③ 仏教で人間の煩悩を表す象徴として、仁王や四天王に踏みつけられている小鬼。 【天邪鬼の類語】 あまのざこ/あまのじゃこ/あ…
  1. 霹靂の画像
    【霹靂の意味】 ① かみなり。 ② 雷が激しく鳴ること。落雷すること。 ③ 大きな音が響き渡る…
  2. はなむけのイメージ画像
    【はなむけの意味】 旅立ちや門出に際して金品・詩歌・挨拶の言葉などを贈ること。また、その贈り物。 …
  3. 報奨金のイメージ画像
    【報奨金の意味】 勤労・努力にむくい、奨励する意味で贈られる金品。 【報奨金の類語】 奨励…
  4. 7月のイメージ画像
    【7月の意味】 一年の7番目の月。《季 夏》 【7月の類語】 July/文月(ふづき)/文…
  1. 陶酔のイメージ画像
    【陶酔の意味】 ① 気持ちよく酔うこと。 ② うっとりしてその境地に浸ること。 【陶酔/陶…
  2. ラーメンの画像
    【ラーメンの意味】 小麦粉に鶏卵・塩・梘水・水を加えて練り、細長く引き伸ばした中国風の麺。また、そ…
  3. 考慮のイメージ画像
    【考慮の意味】 さまざまな要素を考え合わせること。 【考慮/考慮するの類語】 高慮/勘考/…
  4. 回答のイメージ画像
    【回答の意味】 質問・要求などに答えること。また、その返事。 【回答/回答するの類語】 答…
ページ上部へ戻る